プロジェクトの進捗

2012年からTelecom Companiesで利用されているのKIRIKテクノロジーの中央集権型版

スマートコントラクト 2.0

KIRIK(KRK)プロジェクトの目標は、セマンティックコントラクトを作ることです。セマンティックコトントラクトとは、欠陥のないイーサリアムベースのスマートコントラクトのことです。セマンティックコントラクト=スマートコントラクト2.0 このテクノロジーは、様々な分野の専門家が理解可能で、なおかつ、様々なブロックチェーンとその外部とのトランザクションを可能にします。

https://kirik.io/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/basic_eye.svg

理解の容易性

セマティックコントラクトはとてもシンプルなので、ブロックチェーンテクノロジーの知識がない、非プログラマーの一般の方でも、理解することが可能です。

https://kirik.io/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/arrows_rotate_anti_dashed.svg

自動認証

セマンティックコントラクトは自動検証が可能なので、債権履行監視システムの作成が可能です。

https://kirik.io/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/software_scale_expand.svg

Visual Builder

セマンティックコントラクトは、Visual Editor(フローチャートの仕様書)を 保有しており、コントラクトのサンプルをすぐに実装が可能なテンプレートシステムも備えています。

アプリケーションの新分野

https://kirik.io/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/basic_book.svg

法律学

弁護士は、現実世界と仮想世界を繋げるトランザクションを同時に行うことが可能です。例えば、商品の配送や配達などのプロセスを反映した電子的トランザクションなど。

https://kirik.io/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/basic_target.svg

人工知能

セマンティックコントラクトは、ニューラルネットワークの構造と違って、理解しやすい形なので、AIをコントロールするために用いることが可能です。

Semantic smart contracts
Convergence of different blockchains
Smart wallet
https://kirik.io/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/ecommerce_graph_increase.svg

行政

政府調達のような大きな国家プロジェクト実施の監視をより効果的にします。州の規制(例:金融業界の分野)。

https://kirik.io/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/software_remove_vectorpoint.svg

クロスブロックチェーンサポート

KIRIKは、異なるブロックチェーン間での取引をサポートし、さらにブロックチェーンに関連のない様々な領域でも利用が可能です。

人工知能2.0

セマンティックモデリング言語で構築されたスマートコントラクトは、特定領域の専門家に理解が簡単であることに加え、自動的に検証しコンピューターやその他のデジタルデバイスで実行することが可能です。

これが人間の脳と人工知能間の橋渡しの役割を担います。これが私たちが、人工知能2.0と呼んでいるものです。

セマンティックコントラクトを使うことで、現在ブラックボックス化しているニューラルネットワークの動作上に一定のルールや監視機能を構築することができます。Isacc Asimovのロボティクスの3つの法に類似しているのですが、セマンティックコントラストは人間の言語を用いることで、人命に関わるような危険な場面で、複雑なニューラルネットワークをコントロールすることができるようになります。

ニューラルネットワークや人工知能の動作への法的責任に関する問題は現在もなお解決されていません。しかしながら、洗練されたソフトウェア(もしくは事業や分散システム、人工知能など)の重要なパラメーターや条件を利用しつつ、セマンティックコントラクト言語で記述された仕様において、我々は法的関連を持つスマートコントラクトを導入することは可能です。このトレンドは、まもなく多くの国での法整備の変化をもたらし、クリプト弁護士といった新しい専門家を生み出すことになるでしょう。

人工知能2.0

セマンティックモデリング言語で構築されたスマートコントラクトは、特定領域の専門家に理解が簡単であることに加え、自動的に検証しコンピューターやその他のデジタルデバイスで実行することが可能です。

これが人間の脳と人工知能間の橋渡しの役割を担います。これが私たちが、人工知能2.0と呼んでいるものです。

セマンティックコントラクトを使うことで、現在ブラックボックス化しているニューラルネットワークの動作上に一定のルールや監視機能を構築することができます。Isacc Asimovのロボティクスの3つの法に類似しているのですが、セマンティックコントラストは人間の言語を用いることで、人命に関わるような危険な場面で、複雑なニューラルネットワークをコントロールすることができるようになります。

ニューラルネットワークや人工知能の動作への法的責任に関する問題は現在もなお解決されていません。しかしながら、洗練されたソフトウェア(もしくは事業や分散システム、人工知能など)の重要なパラメーターや条件を利用しつつ、セマンティックコントラクト言語で記述された仕様において、我々は法的関連を持つスマートコントラクトを導入することは可能です。このトレンドは、まもなく多くの国での法整備の変化をもたらし、クリプト弁護士といった新しい専門家を生み出すことになるでしょう。

核となる基礎計算

私たちは、セマンティックモデリング /プログラミングに基づいたAIの新たなアプローチを開発します。このアプローチの数学的基礎はロシア科学アカデミーのシベリア支部の数学研究機関で、Yuri Yershov, Sergey Goncharov そしてドクターのDmitriy Sviridenkoによって位置づけられました。KIRIKのコンセプトはLibrettoLabs、Eyeline.mobi、MiniApps.pro、そしてロシア科学アカデミーの数学研究機関によって行われた基礎研究に基づいて開発されています。

Yuri Yershov

Yuri Ershovはソ連・ロシアの数学者であり、RASのアカデミストです。物理学と数学の博士であり、RASの教授、カウンセラーであり、シベリアン学校の代数学と論理学のリーダーです。

Sergey Goncharov

Sergey Goncharovはソ連・ロシアの数学者、RASのアカデミスト、教授です。数多くの賞を受賞しており、数学的論理学や計算可能性理論の専門家です。

Dmitry Sviridenko

は数学とコンピューターサイエンスの博士であり、教授です。彼の専門分野はセマンティックスマートバーゲンとコントラクトにおける、セマンティックプログラミング理論です。

セマンティックスマートコントラクト

KIRIKのコンセプトは、分散型台帳としてのブロックチェーンに基づいているわけではありません。どの特定のブロックチェーンのプラットフォームにも紐づいていないセマンティックスマートコントラクト (ΣK) に基づいているのです。セマンティックスマートコントラクトを用いることで、異なるブロックチェーンプラットフォームや、銀行や交換所などの外部のシステムで行われたオペレーションとトランザクションを、ひとつのトランザクションに統合することができるプロトコルを明示することができるようになります。数学的論理学から見ると、セマンティックスマートコントラクトは構成主義の特徴をもつ公式や理論を表します。それは例えば、理論上の構成的モデルにおいてそれが正しい場合であろうとなかろうと、Δ0-formulaの形をもついかなる表現は認証されてしまうということを意味しています。

セマンティックスマートコントラクト

KIRIKのコンセプトは、分散型台帳としてのブロックチェーンに基づいているわけではありません。どの特定のブロックチェーンのプラットフォームにも紐づいていないセマンティックスマートコントラクト (ΣK) に基づいているのです。セマンティックスマートコントラクトを用いることで、異なるブロックチェーンプラットフォームや、銀行や交換所などの外部のシステムで行われたオペレーションとトランザクションを、ひとつのトランザクションに統合することができるプロトコルを明示することができるようになります。数学的論理学から見ると、セマンティックスマートコントラクトは構成主義の特徴をもつ公式や理論を表します。それは例えば、理論上の構成的モデルにおいてそれが正しい場合であろうとなかろうと、Δ0-formulaの形をもついかなる表現は認証されてしまうということを意味しています。

オラクルまたは述語関数ベース

KIRIKプラットフォームは、宣言型の仕様という考えに基づいています。その宣言型の仕様においては、特定の制限(Δ0-formulasなど以下参照)をもつ論理学の公式が利用されていて、かつ外部の (いわゆるオラクルまたは述語関数ベース)機能を呼び出すことも可能になっています。セマンティックコントラクトは他のコントラクトと同じように、規則や要求事項の特定を宣言型で表現します。オラクルのような言語はいつも外部のシステム(マイクロサービスのような)で表現されるか、他のセマンティクコントラクトによって定義されたセマンティック述語関数によって表現されます。

オラクルまたは述語関数ベース

KIRIKプラットフォームは、宣言型の仕様という考えに基づいています。その宣言型の仕様においては、特定の制限(Δ0-formulasなど以下参照)をもつ論理学の公式が利用されていて、かつ外部の (いわゆるオラクルまたは述語関数ベース)機能を呼び出すことも可能になっています。セマンティックコントラクトは他のコントラクトと同じように、規則や要求事項の特定を宣言型で表現します。オラクルのような言語はいつも外部のシステム(マイクロサービスのような)で表現されるか、他のセマンティクコントラクトによって定義されたセマンティック述語関数によって表現されます。

異なるブロックチェーンの結合

とくに、セマンティックコントラクトは、外部オラクルを用いることで、様々なブロックチェーンのプラットフォーム間のトランザクションをひとつのトランザクションに統合するプロトコルの論理を明記することができます。それゆえ、KIRIKは、異なるブロックチェーンプラットフォームを統合するメタプロトコルのように動くのです。例えば、Ethereum, NEO, RSK, Bitcoinベースのスマートコントラクトが、外部オラクルがもつKIRIKのセマンティックコントラクトのような役割を果たすことができるのです。プロセスのスピードを早めるために、トランザクションの登録には2つのステップを必要としています。KIRIKトランザクションは、IOTAの分散型台帳に保有され、次にイーサリアムのソースコードからフォークしたKIRIKのブロックチェーンに保有されるようになります。こうすることで、セマンティックコントラクトの計算を行うノードのネットワークをスケールアップさせる時の障害を取り除くことが可能で、また同時に、イーサリアムのアルゴリズムの万全のセキュリティが利用可能になるのです。

異なるブロックチェーンの結合

とくに、セマンティックコントラクトは、外部オラクルを用いることで、様々なブロックチェーンのプラットフォーム間のトランザクションをひとつのトランザクションに統合するプロトコルの論理を明記することができます。それゆえ、KIRIKは、異なるブロックチェーンプラットフォームを統合するメタプロトコルのように動くのです。例えば、Ethereum, NEO, RSK, Bitcoinベースのスマートコントラクトが、外部オラクルがもつKIRIKのセマンティックコントラクトのような役割を果たすことができるのです。プロセスのスピードを早めるために、トランザクションの登録には2つのステップを必要としています。KIRIKトランザクションは、IOTAの分散型台帳に保有され、次にイーサリアムのソースコードからフォークしたKIRIKのブロックチェーンに保有されるようになります。こうすることで、セマンティックコントラクトの計算を行うノードのネットワークをスケールアップさせる時の障害を取り除くことが可能で、また同時に、イーサリアムのアルゴリズムの万全のセキュリティが利用可能になるのです。

セマンティック ドメイン

KIRIKコンセプトは、トランザクション登録用の独自の分散型台帳をもつスマートコントラクトや/または、オラクルの、異なるドメインの構築を可能にします。これはスケーラビリティの向上が求められますが、それにより財団やコミュニティがセマンティックコントラクトを利用し、同時にトランザクションをブロックチェーンまたは他のトランザクション記録することが可能になるのです。例えば、銀行のシステム利用では、トランザクションを権限付与されているか、もしくはプライベートであるブロックチェーン上に保存しつつ、分散型のセマンティックコントラクトのネットワークを構築することが可能です。また、銀行はクライアント向けに公開することも可能で、また、彼らのセマンティックコントラクトの一部である外部オラクルとして公開することも可能です。

セマンティック ドメイン

KIRIKコンセプトは、トランザクション登録用の独自の分散型台帳をもつスマートコントラクトや/または、オラクルの、異なるドメインの構築を可能にします。これはスケーラビリティの向上が求められますが、それにより財団やコミュニティがセマンティックコントラクトを利用し、同時にトランザクションをブロックチェーンまたは他のトランザクション記録することが可能になるのです。例えば、銀行のシステム利用では、トランザクションを権限付与されているか、もしくはプライベートであるブロックチェーン上に保存しつつ、分散型のセマンティックコントラクトのネットワークを構築することが可能です。また、銀行はクライアント向けに公開することも可能で、また、彼らのセマンティックコントラクトの一部である外部オラクルとして公開することも可能です。

アプリケーションの多様性

スペック

シンボル
KRK
ブロックチェーン
イーサベース,PoW
アルゴリズム
イーサハッシュ
ブロック生成時間
TBA

ミートアップ

.プライベートミートアップを各地で行う予定です。ただし、もし個別で直接会いたい場合は連絡をいただければ調整いたします。

.東京

6/25-30

.ソウル

6/30-7/4

北京

7/4-6

広州―深セン

7/7-8

香港

7/9-12

プレセールに参加登録する

Join Whitelist